Tiktokの早送り機能が出来ない?出来る機種や方法について

Tiktok

Tiktokといえば短い動画がランダムに流れてくる印象ですが、最近ではTiktokでも長めの動画も投稿できるようになってきました。

長い動画が出て様々なことが伝えられるようになった反面、Tiktokの持ち味である短い動画の良さが減りつつあるような気がします。

長い動画ほど早送りや巻き戻したいが、Tiktokでその方法を知らない方が多いのではないでしょうか?

そこで今回は、Tiktokの早送り機能や出来る機種や方法についてみていこうと思います!

 

Tiktokの早送り機能とは

実はTiktokにも早送りの機能があります!

前からあったというより最近実装されました。

早送り以外に巻き戻し機能もあります。

しかし、この”早送り機能”に適応している動画はどうやら全てではないようです。

早送りできる動画はある?

現在のTiktokの動画は全てが早送りできるわけではありません!

Tiktokは現在、3分までの動画を投稿できるようになっています。

その中で早送りできるのは長い動画になります。

数秒程度の動画は早送りすることができません。

どんな基準で早送りができる動画なのか今の所は公開されていないようでした。

早送りできる動画を見分ける方法

Tiktokの動画において、早送りできる動画を見分ける方法は簡単です。

それは、動画の下に白い棒線があるかどうかです!

早送りができる動画

tiktok早送りがある動画

早送りできる動画このように動画の下に白い棒と白い点があります。

早送りが出来ない動画

tiktok早送りできない動画

ご覧の通り、早送りできない動画は動画の下に白い棒線と白い点がありません。

また、

・プロモーション動画(広告動画)

こちらは早送りは出来ないようです!

ばっさー(運営者)
ばっさー(運営者)

YouTubeと一緒ですね^^

現在ではこれが早送りできる動画とできない動画の違いになります!

早送りの方法

まず早送りの方法は動画の1番下を見る必要があります。

tiktok早送り画像

動画下の白い線と白い点がある動画は早送りが出来ます!

白い点をタッチして進みたい時間に白い点を移動させれば早送りや巻き戻しをすることができます。

tiktok早送り画像

これで自分の好きな時間に動画を早送りや巻き戻しをすることが出来るようになります!

ばっさー(運営者)
ばっさー(運営者)

白い点ではなくて下のメッセージやレコメンドなどを間違えて押してしまうことがあるから注意です!

スマホの機種によって違うらしい

確実な情報ではありませんがTiktokの動画の早送りはスマホの機種によってできる場合とできない場合があるようです。

ばっさー(運営者)
ばっさー(運営者)

実際、私はiPhoneを使っていて以前はできませんでしたが、アップデートしたらできるようになりました!

アップデートでできるようになる可能性がありますので一度ご自身のTiktokのアップデートを検討してみましょう!

 

「Tiktokの早送り機能が出来ない?出来る機種や方法について」まとめ

今回は、Tiktokの早送り機能や出来る機種や方法についてみていきましたがいかがだったでしょうか?

早送り機能はかなりありがたい機能ですが、Tiktokの形であるショートムービーが原型がなくなりつつというわけですね。

ショートムービーが好きな人には抵抗があるかもしれませんが、SNSも時代の流れに沿って進化しているのでしょうがないのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました