hanaemi(ハナエミ)敏感肌だと副作用?肌荒れの危険は?

hanaemi(ハナエミ)敏感肌だと副作用?肌荒れの危険は?hanaemi(ハナエミ)

hanaemi(ハナエミ)肌への浸透力を追求したスキンケア化粧水です。

サラッとしているのに保湿感があるとして大好評です。

敏感肌の方から下したら、

・ヒリヒリしそう
・肌荒れ
・副作用について

など不安に思うことがたくさんありますよね。

そこで今回は、hanaemi(ハナエミ)敏感肌でも使えるか肌荒れや副作用の心配について調べてみました!

 

今なら定価円が約%OFF
/安心の付き

hanaemi(ハナエミ)は敏感肌に副作用はあるの?

hanaemi(ハナエミ)は敏感肌に副作用はあるの?

敏感肌の人や乾燥肌の人って化粧選びでも一苦労ですよね。

ちょっとでも肌に合わなかったら肌荒れやかゆみなどが出てしまうかもしれませんよね。

ですが、hanaemi(ハナエミ)は比較的刺激の少ない成分で作られていますのでさほど心配することはなさそうです。

hanaemi(ハナエミ)の口コミでも紹介していますが、hanaemi(ハナエミ)を使って痛み、かゆみ、赤みなどの副作用を訴えている人はいまのところいないようでした。

心配な方はパッチテストを行ってから使用することをオススメします。

6つのフリー処方

6つのフリー処方

石油系、界面活性剤、鉱物油、合成香料、合成着色料、パラベン、アルコールは含まれていませんので、安心して使用できます♪

hanaemi(ハナエミ)の肌荒れの危険は?

hanaemi(ハナエミ)の肌荒れの危険は?

安全な成分で作られているhanaemi(ハナエミ)ですが、肌荒れの危険はあるのでしょうか?

もう少し詳しく肌荒れ等の危険などについて見ていきましょう。

敏感肌でも大丈夫?

先ほどもご紹介させていただきましたが、hanaemi(ハナエミ)は比較的刺激の少ない成分で作られていますので比較的安心して使用していただけます。

それにはhanaemi(ハナエミ)に含まれている”美容成分“が大きく関係しているんです!

①水循環グリセリルグルコシド

水循環グリセリルグルコシド

化粧水に配合されている「乳酸桿菌・セイヨウナシ果汁発酵液」は角質を柔らかくし本来のうるおい浸透へアプローチする役割があります。

また、グリセリルグルコシドが肌の水循環リズムを正しく導きます。

②贅沢な美容成分

贅沢な美容成分

ローションには、肌の明るさを取り戻すビタミンC誘導体・ルナホワイト、先進の還元成分フラーレン・水素、ハリや弾力を維持するEGF・FGFとエイジングケアに効果のある植物プラセンタ&幹細胞エキスが含まれています。

③ナノバブル水素水

ナノバブル水素水

ナノバブル水素水とは、ナノサイズの泡の中に水素分子を閉じ込めたものです。

ナノバブルは水中に留まることができるため、肌に付けるまで水素が逃げることができません。

肌に付着して時間が経つとナノバブルが割れて水素が肌に浸透し、肌をケアする効果が期待できます。

④複合ヒト型セラミド

複合ヒト型セラミド

バリア機能の元となるセラミドを贅沢に使用し、角質層の皮膚バリアへセラミドが吸収され、弱った保護バリア機能をサポートします。

⑤高保水ベール

高保水ベール

日本固有のラン藻の「スイゼンジノリ」から抽出した「サクラン」が肌の表面で水分をしっかりキープする「高保水ベール」を形成。

長時間肌に水分を閉じ込めながら美容成分が浸透してきます。

 

リンク2

『hanaemi(ハナエミ)は敏感肌だと副作用?肌荒れの危険は?』まとめ

今回はhanaemi(ハナエミ)は敏感肌だと副作用はあるのか、肌荒れの危険について解説してきました。

今のところ副作用は確認されていませんので安心して使用できそうですね!

お肌との相性もございますので不安な方はパッチテストをしてからお肌の様子を確認してみることをおすすめします。

hanaemi(ハナエミ)ですが、今なら初回限定で約76OFF3938円からスタートできますよ♪

定期縛りもないので気軽に始めることが出来ますよ^^

解約方法も簡単ですので購入もしやすいですね。

→hanaemi(ハナエミ)公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました