チー牛の意味や元ネタや特徴は?イラストの作者は一体誰?

チー牛の意味や元ネタや特徴は?イラストの作者は一体誰の記事のアイキャッチ画像トレンド

今やネット上で使われるようになった言葉があります。

その名は「チー牛」です。

一見ただの食べ物の名前に見えますが、そうではないです。

私も某有名牛丼屋さんの「チーズ牛丼」の略かと思いましたが、実際は違う意味で使われているようです。

一体誰が考えてイラストの作者は誰なのでしょうか?

そこで今回はチー牛の

「意味」
「元ネタ」
「特徴」
「イラストの作者」

について見ていこうと思います( ^ω^ )

 

チー牛の意味は?

チー牛」というワードはそもそも略したワードのようです!

原型の意味は、

三色チーズ牛丼(某有名牛丼チェーン店)を特盛にして、温玉付きを頼みそうな顔」の意味なのだそうです。!

ばっさー(運営者)
ばっさー(運営者)

そもそもその意味がわかりませんよね。笑

特徴とかあるのでしょうか?

チー牛の特徴

意味の通り、三色チーズ牛丼(某有名牛丼チェーン店)を特盛にして、温玉付きを頼みそうな顔ってどんな顔なのでしょうかね笑

そこで特徴について紹介させていただきます!

チー牛の特徴

・メガネ

・成人しているが子供のような髪型
・覇気のない顔

・根暗(インキャ)

・ネットでは元気

・精神的に幼稚

・イキリインキャ

・学校では2、3軍

・斜めがけのカバン

・異臭を放っている

・タバコを吸わない

・酒を飲まない

・髪の毛ベタベタ

ザッとこんな感じのようです。

イメージ画像もございましたので紹介させていただきます!

確かに納得できる人物像ですね笑

実際見た時、「確かに」って思ってしまうほど合致しますね。

チー牛の元ネタは?

この「チー牛」元ネタって誰なのでしょうか?

実はこの「チー牛」の絵は2008年に描かれたものになるようです!

モデルですが、書いた本人がモデルのようです。笑

チー牛のイラスト作者は一体誰?

チー牛のイラストの作者は「いびりょ氏」という方が考案したようです。

元々いびりょ氏はネットのイラスト師のようです。

2018年7月頃に、5ch(旧2ch)の掲示板「なんj 昼のニート無職部」に画像が貼られて、急速に話題になりました。

10年以上の時を経て急に認知度が増したのはやっぱりネットの力は凄いですね!

 

ネットの反応

=====================

すごい勢いで隣におばさんきて 前のカップルチー牛が睨みつけながら 座ってるのをみておもらいなって思った( ´∀`)ハハハ

=====================

タイムスリップ入学式があるならタイムスリップ新歓とかやりそう 無駄に時間空いて新入生の顔とかも割れてきたから可愛い子とか積極的に誘うチー牛いそう(ドドド偏見) まあ大芸にはおらんか

=====================

チー牛チー牛って騒ぐ人で自分がチー牛であることを楽しんでる人いそう(クソ偏見)

=====================

=====================

チー牛どこにでもいそうだし絶対にどっかで見たのに「俺の顔チー牛だわ」って名乗りをあげる奴の顔は全員微妙に違うな…ってなる謎

=====================

確かに最近すき家行くけど周りの客にチー牛ネタ知ってる人いそうチー牛食いたいのに頼めない

=====================

いや学校とかでも70人に1人ぐらいの割合でそういう陰キャタイプのチー牛いそうだなって思って…(ただただ悪口

=====================

=====================

女型のチー牛なんて言葉があるのか、そのうち鎧のチー牛とか超大型のチー牛とかも出てきそうだな。

いや、超大型のチー牛はすでにいそうだが

=====================

もしかしたらチー牛っていそうでいない幻想かもしれない

=====================

チー牛バカにしてるの8割がチー牛 陰キャオタクにいそうな顔を表す蔑称「チー牛」が生まれたせいで三色チーズ牛丼が頼みづらくなる人が続出 : はちま起稿

=====================

 

「チー牛の意味や元ネタや特徴は?イラストの作者は一体誰?」まとめ

今回は、チー牛の意味・元ネタや特徴やイラストの作者は一体誰なのかについて見ていきましたがいかがだったでしょうか?

少なくとも某牛丼屋への風評被害はあるのではないでしょうか?

実際ネットを見ていても頼みづらいと言っている人もちらほらいましたので多少の影響はありそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました